ネガティブなったときのアプローチ方法

ネガティブになったら、カラダを労わろう。

 

たっぶりの休養

たっぶりの栄養

五感が心地よいと思うものを選ぼう。

 

まず、お湯を沸かそう。

あたたかいものは、ほぐれる、ゆるむ。

 

 

久しぶりにぐったりとして寝込んでいる。

 

ダメだなー

ダメだなーって思っちゃダメだなー

ダメだなーって思っちゃダメだなーって思(以下略)

 

自分にダメ出ししまくってます。

 

だから、ジャッジしちゃダメなんだって

・・・というジャッジね。

 

だんだん禅問答みたいになってきた。

 

 

どうも、「ちゃんとやらなきゃ」の呪縛がきついようで

なかなかそこから抜け出せない。

 

やることをきちんとやることと

ちゃんとやること。

全然違うって、頭ではわかってるけどできてない。

 

ほらまた、できるかできないかを考える。

 

 

これもきっと風邪のせい・・・

フィジカルもメンタルも弱ってるせい。

 

フィジカルからのアプローチがすごく効くって

今年1年かけてよくわかったから。

 

 

カラダを横にすると沈み込むような感覚、

相当疲れていたようだ。

起き上がってブログ書けるくらいまでになった。

あたたかいお茶を入れてこよう。

復活まで、もう少し。

 

 f:id:hatosan8103:20161203161214j:image