「じぶんの世界」への道標~ふりこよみ・鳩さんの”お告げ”@富山

”ふりこ”(ペンデュラム)と”問いかけ”から、あなたの進む道を提示します

どちらかだけじゃもったいない!2時間ブログ術講義とかさこ塾

昨日は金沢で、かさこさんの2時間ブログ術講義に参加。

ちょうど1年前に、富山でかさこ塾を受けた私ですが

2時間ブログ術講義は、実は初めて。

f:id:hatosan8103:20170725152602j:plain

 

かさこ塾は全4回。2時間×4回。

それを2時間に凝縮したものが、2時間ブログ術講義。

 

 

かさこ塾と2時間ブログ術講義の違いを

かさこさん本人が書いています。

 

「2時間ブログ術講義と全4回のかさこ塾の大きな違いは、

私の個別添削や塾生からのフィードバックがあること。

自分で他者目線で発信できる方は2時間ブログ術講義だけでよい」

 

 

かさこ塾での実践する機会(つまり、宿題)と、

他者目線のフィードバックが、どれだけありがたいか!

仕事をしている人にとっては、

フィードバックが「感想」という形で返ってくるんだけど、

いかんせん「感想」ってなかなか書いてもらえない。

その点、塾では必ずフィードバックがもらえるので、

ほんとありがたいのです。

 

 

2時間ブログ術講義は出し惜しみしない。

そう、かさこさんは言うけど

はっきり言います。

濃密すぎる。

全速力でマラソン駆け抜けてる感覚。

 

 

出し惜しみがないからこそ

どちらかだけじゃ、もったいない!

2時間ブログ術講義も、かさこ塾も

どっちも受けると、その効果は掛け合わされる!

 

 

ちなみに、かさこ塾を卒業したあとに受ける

2時間ブログ術講義はおススメ!

復習に最適!初心に戻れる!

卒業生こそ、再度2時間ブログ術講義は

受けてほしい。

 

 

2時間ブログ術講義は、おひとりさまから受付。

ぜひ、かさこさんに連絡とってみてほしいです!

 

 

 

 

 

 

【鳩さんのラジオやセッションなど】

鳩さんの活動一覧 - 「じぶんの世界」への道標~ふりこよみ・鳩さんの”お告げ”@富山

 

何度でも生まれ変われる

さちみたまサロンのグループセッション

さちみたまサロンお申込み | さちみたま

 

 

数日前に、エネルギーフルボッコ会があって

hatosan8103.hatenablog.com

 

「死に向かって走れ!」が出てきた後の、今日。

 

 

 

逃げるか戦うか

よく、ゆるみましょう~って言われるけれど

実はよくわかっていないのです。

 

深呼吸したり、お風呂に入ったり

いろいろやってみるけれど

基本的に、いつも戦闘状態。

 

選択肢は、逃げるか戦うか。

 

 

夜はマウスピースが欠かせない。

1年弱で破れてくるので、すでに3つめ。

 

恐怖、から戦闘状態になっていることは自覚できている。

(これは、さちみたまサロンで提供される動画をリピートしているから)

 

そしたら自然に、ゆるみたいと思った。

ゆるまなきゃ、じゃなくて、ゆるみたい。

 

そして、今日のセッションを迎えました。

 

 

 

何度でも生まれ変われる

ここから先は、イメージの話だけど本当の話。

 

 

「戦闘状態から抜け出せる?」と聞かれて

「逃げるという選択肢しか浮かばない」と答えると

「いっそのこと1回死んでもいいかもしれないね」と。

 

1回死んで肉体を離れて

心地よい場所=天国へ自分を連れていく。

 

 

ただ、気持ちがよい、心地よい。

何も守らなくていい。

好きなことをしても誰も咎めない。

 

肩が自然におりていく。

呼吸が自然に深くなる。

この、感覚。

 

これを持ったまま、生きていけばいい。

これを深めていけばいい。

 

 

なんてステキな楽しい人生!

 

 

うっかり戦闘モードに入ったら、死ねばいい。

 

「そうか!死ねばいいのかー♪」と

これまでの自分を終わらせるだけ。

 

一日一生。

人は何度でも生まれ変われるのだから。

 

 

 

 

 

【鳩さんのラジオやセッションなど】

鳩さんの活動一覧 - 「じぶんの世界」への道標~ふりこよみ・鳩さんの”お告げ”@富山

 

好きなこと「だけ」では夢が叶わない

昨日の「N1コミュニティ木曜日」

モンゴルから帰国したばかりのみかりんとお届けしました。

 

 

みかりんの苦手なこと

子どもとの世界一周をお話しするコーナー

「みかりんのラブ・トラベル」

冒頭でいきなり

「私はなんで世界へ行きたいと思ったんだろう」

と言い出すので、なぜかと聞くと

「飛行機が苦手なんです!」

 

・・・。

はいーーーーーー???

 

なんと、離陸の瞬間が怖いそう。

 

昨年の世界一周といい

その前にもワーキングホリデーとか

世界中を旅してるみかりんなのに、

まさか、飛行機が苦手だとは!

 

 

揺れ動く気持ちのままで、行動を選ぶ

飛行機が苦手だけど我慢して!という

悲壮感が全くないみかりん。

 

「世界を旅したい!」

ただ、その純粋な思いだけで

みかりんは動いているんだと

改めて思ったのです。

 

苦手なものは、苦手。

だけど、行きたい。

その、揺れ動く気持ちの中で

どの行動を選ぶか。

 

克服しなくても

頑張らなくても

自分がやりたい気持ちを優先するだけ。

 

  

苦手、できない、それを超える「好き」があるか

たとえ自分の好きなことを仕事にしていても

ついてまわる「苦手なこと」

だから、それを超える「好き」がないと

頓挫してしまう。

熱量だったり、本気だったり、

自分の中から湧き上がるもの、

それが「夢」なのかもしれないし

それが「好き」ということなんだと、

みかりんを見ていて思うのでした。

 

 

 

 

 

【鳩さんのラジオやセッションなど】

鳩さんの活動一覧 - 「じぶんの世界」への道標~ふりこよみ・鳩さんの”お告げ”@富山

 

死に向かって走れ!

「願いが叶ったら死ぬ」という恐怖心。

これをどうにかしたくて

でも自力でどうにもならなくて

支援をお願いしたのです。

 

 

それは、さちみたまサロン。

2月に始まったオンラインサロンに

最初から参加しています。

 

 

さちみたまサロンとは。

「現実へと結ぶエネルギーサロン」

さちみたまサロンお申込み | さちみたま

 

 

昨夜はそのエネルギーフルボッコ会でした。

 

 

私は相当なビビり。

驚きの敏感さ、ナイーブさを持つ。

 

 

そんな私に向けられた言葉は

「死に向かって走れ!」でした。

f:id:hatosan8103:20170719152352j:plain

 

 

それはまるで青春ドラマの

夕陽に向かって走れ!的な熱さを持った言葉。

 

 

人はみんな死ぬ。

それがいつかはわからないけれど。

 

 

願いが叶ったら死ぬという恐怖から

逃れることができないのならば

いっそそれに向かって全力で走ればいい。

 

 

死ぬことが目的ではない。

死ぬまでに願いを、望みを叶えて

自分の望む世界を作っていくことが目的。

 

 

死に向かって全力で走れば

その前に願いは叶うのだから。

 

 

同じ死ぬなら、やらなきゃソンソン。

それを突き付けられたのでした。

 

 

死を思うだけでは、私にはぬるい。

死に向かって走れ!

 

 

 

 

 

【鳩さんのラジオやセッションなど】

鳩さんの活動一覧 - 「じぶんの世界」への道標~ふりこよみ・鳩さんの”お告げ”@富山

 

他人の「願い」に「責任」感じてませんか?

娘の願いは

幼稚園の園庭に、七夕の短冊が飾られている。

娘が「これ、わたしのー」と見せてくれた短冊には

 

「おとうさんと おかあさんと ずっといっしょにいられますように」

 

泣きそうになった。

 

 

ずっと一緒にいたいと思ってくれることは

とても嬉しいけれど

その願いを叶えてあげることはできないよ。

 

 

予定では、おとうさんとおかあさんが

先に逝くからね。

 

 

他人の願いに責任を取ろうとしている?

誰かの願いを叶えてあげたいと思うけれど

そこに責任を感じてしまうから

迂闊にイエスと言えない。

 

 

うっかりイエスと言ってしまったら大変。

何が何でもそれを果たそうとする。

 

 

結果、必ず喜ばれるわけではない。

相手がそれほど望んでいなかったこともある。

 

 

こんな責任感、もういらない。

 

 

 

よそはよそ、うちはうち

他人と私の境界線をひくこと

(それが家族だとしても)

私が他人の願いを叶えてあげる責任はないと知ること

そんなことをしなくても、誰も責めないと知ること

 

 

逆もまた然りで

自分の願いを誰かに叶えてもらおうとしないこと

それについて他人を責めないこと

 

 

自分によくよく言い聞かせようと思います。

 

 

 

 

 

 

【鳩さんのラジオやセッションなど】

鳩さんの活動一覧 - 「じぶんの世界」への道標~ふりこよみ・鳩さんの”お告げ”@富山